北海道医療大学研究結果 第1弾

2022年6月27日

株式会社アルヌールと北海道医療大学薬学部及び株式会社漢方医科学研究所との「フコキサンチンによるがん予防に関する共同研究契約開始に関するお知らせ」のとおり、「微細藻類由来フコキサンチンによる大腸がん化学予防」の共同研究(以下「本共同研究」)を行っております。
本共同研究の実験結果の第1弾として、大腸発がんモデルマウスに対して微細藻類由来フコキサンチンによる抗がん効果を確認できたことをご報告致します。 
北海道医療大学薬学部の寺崎将准教授は、今回の実験では発がんモデルマウスを用いて、株式会社アルヌールで製造した高純度フコキサンチンの投与を行い明瞭な抗がん効果を確認いたしました。
今後、フコキサンチンによるがん予防効果の及ぼす仕組み
について解析を行い、2023年度中の論文化に向け更に本共同研究を進めてまいります。